九州最大級のソープ求人マッチングサービスならソープランド求人ネットワーク九州SKN
他府県からの出稼ぎ大歓迎! 受付:10:00〜24:00 【お問合せ : 090-6558-4415】 メールで無料カウンセリング LINEで無料カウンセリング

KAGOSHIMA鹿児島・甲突町エリア

鹿児島・甲突町求人エリア

新幹線開業により発展加速化し続ける「東洋のナポリ」鹿児島。年間900万人が訪れる一大観光都市

  • エリア紹介画像1

    九州地方最南端に位置する鹿児島県鹿児島市。鹿児島湾に面しており、桜島も鹿児島市の区域になります。古来より南九州の拠点でもあり、行政、交通、文化の中心になっています。薩摩藩の城下町として栄えた都市です。1340年ごろに現在の鹿児島駅の北東辺りに島津氏久が東福寺城を居城にしたときから城下町として周辺が整備され、現在の市街地の基礎になったそうです。

  • エリア紹介画像2

    鹿児島といえば、黒豚。とんかつにしゃぶしゃぶに色々食べたい。そんな黒豚の先進地である鹿児島は、黒豚の研究においても世界でも類をみないスケールと内容を誇っています。 美味しい黒豚を極めるための品種改良は明治に始まり、今もなお続いています。歯切れがよく、柔らかく、水っぽくない、そのうま味の秘密はそんな味を極める情熱にあるのです。

  • エリア紹介画像3

    鹿児島湾西岸の市街地から桜島を望む景観がイタリアのナポリからヴェズーヴィオ火山を望む風景に似ていることから、「東洋のナポリ」とも称される鹿児島。年間約900万人の観光客が訪れるなど、交通の便がさほどよくない時代から多数の旅行客を受けいてきた観光都市でもあります。様々な観光スポットや名物があり、楽しみがいっぱいです。

ソープは4軒のみ!サービス重視の少数精鋭
地元っ娘が多い出稼ぎの穴場です

中級クラスのお店のみ。店舗ごとに待遇のシステムが違うので、自分に合ったお店を選びましょう。

鹿児島市は人口は60万人と地方都市としては大きいのですが、風俗店の軒数は他のエリアに比べ少なめです。

甲突町(こうつきちょう)はその鹿児島市のほぼ中央の鹿児島湾寄りに位置する町のひとつです。ここには4軒のソープランドが存在します。

寛永時代には塩田があったことから塩屋村という村が作られ、明治に入ってから塩屋町が成立します。昭和になると錦江町と城南町に分かれ、鹿児島市と谷山町が合併したことをきっかけに甲突町と呼ばれるようになりました。この一帯は多数の遊郭があったことで有名な場所で、現在では鹿児島県で指宿を除く、唯一の風俗営業許可地域となっています。

ソープランドの料金は60分2万1千円~2万6千円で、中級クラスのお店だけといえます。採用基準はかなり緩いようですが、甲突町は2回抜きのサービスが基本とのこと。サービスに重きをおいていることが窺えます。働いている女のコの多くは、地元出身や在住のようです。というのもパネル指名時のパネルは顔にモザイク処理がほどこされるそうだからです。顔バレに警戒した結果、顔写真を公開することができないということでしょう。寮完備であったり、新人さん優遇システムがあったりとお店ごとに待遇の違いがあるみたいですので、あなたに合ったお店を探してみましょう。店舗数も少なく、地元の女の子が多いということで、出稼ぎ場所としては穴場かもしれませんね。

鹿児島県でソープランドがあるのはこの甲突町と指宿(いぶすき)だけです。それは指宿温泉にある九州最南端の唯一のソープです。ここには競合店がないので、都会で稼ぎづらくなってきたと感じる人におススメの出稼ぎ先かもしれません。ただし、指宿温泉は鹿児島市から南に約50キロ行った所にあり、新幹線の止まる鹿児島中央駅から指宿駅までは普通列車で約80分かかるというアクセスが極端に悪い場所ですので、注意が必要です。

鹿児島・甲突町ソープランドコラム

鹿児島・甲突町エリアマップ

新幹線で本州からも簡単アクセス。鹿児島中央駅から車で5分!

空路なら鹿児島空港から鹿児島中央駅まで鹿児島空港連絡バスで約40分。

鉄道ならば、本州からも新幹線で直接到着可能です。

鹿児島中央駅からは、駅正面のナポリ通りをまっすぐ進み、新屋敷の交差点で、斜め右方向の城南通りに進みます。そして数100メートル先の城南通りの交差点で右に折れ、最初の交差点で左に曲がり、裏通りに出れば、個性的な建物があるのですぐわかります。他の建物とは様相が全く異なっているのがソープランドです。

歩けば20分ほどかかるため、タクシーで行くか、風情たっぷりの路面電車に乗って新屋敷まで行き、そこで降りて歩いて行くのが良いでしょう。 中心市街地は、「天文館」地区周辺にあり、天文館電車通りをメインに県内でも有数の繁華街、歓楽街になっています。天文館という名称は江戸時代、第25代薩摩藩主・島津重豪が天体観測や暦の研究施設として明時館(別名が天文館)を建設したことが由来。若年層を中心に天街(てんまち)という愛称でも呼ばれています。ショッピング・歓楽ゾーンとして地元では絶大なブランド力を持っていましたが、九州新幹線の開業などによって鹿児島中央駅周辺や鹿児島市中南部で新興繁華街や大型商業施設が台頭し、集客力は年々低下。一方で、複合商業施設「マルヤガーデンズ」がオープンしたり、全国初となる、繁華街が運営主体のシネコン「天文館シネマパラダイス」が開業するなど、天文館復活への取り組みも進められています。

九州お勧め求人エリア
ソープランド求人ネットワークなら、九州全域の加盟ソープランドの中から、あなたの希望に合った求人情報をご案内いたします!

疑問・質問etc...無料カウンセリング受付中

  • お電話で無料カウンセリングする!
  • メールで無料カウンセリングする!
  • LINEで無料カウンセリングする!